CATEGORY:

2018年11月30日

ホーキング博士がBBCで発した警告が発端で人工知能が





世界的に有名なホーキング博士がBBCで発した警告が発端で、様々な場所で議論が行われているそうで、注目を浴びているようです。

ホーキング博士が言うには、自らを想像できる真の人工知能が完成された暁には、人類が滅亡してしまう可能性があるとして指摘していることです。

この意見に同意する学者もおり、いずれは人類の能力を周到する機械が作られ、何らかの人類の存続に効き目になる可能性があると予測しているようです。

これとは逆に単なる機械であって、自らを想像できる真の人工知能が完成するのは現時点では、それを証明するようなデータがないと反論する学者もいるようです。

今の時点では何も問題ないと思われますが、知能の面でいずれは人間をはるかに超えてしまう可能性が高いですし、そのような状況で、自分自身を想像できるようになっていると危険なのかもしれません。



Posted by saezuri  at 03:06